釧路工業高等専門学校

「釧路高専について」

釧路高専外観
釧路高専本科には、5つの学科が置かれ、それぞれ専門分野の教育を行なっています。また、一般教科では
全学科共通の教育を担当しています。詳しくは、各学科・教科のウェブサイトをご覧ください。
(リンク先は別窓に表示されます。)

「学科・専攻科の構成と特色」

  • 機械工学科
    機械工学科は、産業機械,石油・ガス製造プラント、冷凍空調設備、通信機器,航空機、自動車等の設計、製造管理、研究開発の技術者として活躍できるようなものづくりに関する基礎理論と実験・実習を重視した教育を行っています。
    更に、近年社会的関心の高い“環境・新エネルギー・新材料・生体医用・デジタル工学”の研究も進めています。
  • 電気工学科
    今日、電気は私たちの生活とたいへん密接なつながりを持っています。電気工学科ではその電気の発生方法(発電)、送る方法(送電)、そしてそれらをコント ロールするための制御技術や計測技術、さらにコンピュータを はじめとする各種の電子回路技術までの広い分野を学びます。また、その理論を深めるために、基礎から応用にいたる実験実習にも力を入れています。
    本学科の電力技術からエレクトロニクスに至る充実したカリキュラムを反映し、卒業生は、就職および大学進学を含め、電力・電子・情報関連産業はもちろんのこと、機械・化学・医療・建築・食品などの電気を使うあらゆる産業界において活躍しています。
  • 電子工学科
    電子工学の技術は、テレビ・通信機器などの家電製品や自動車、医療機器、電力開発などで幅広く使われており、私たちの生活に必要不可欠な技術となっています。
    電子工学科では、電子デバイス、情報通信、電子制御を3本柱として、電子工学技術者として必要な知識・技術を、基礎から応用までの講義科目と、さらに体験的な実験・実習系科目によって学習します。
  • 情報工学科
    私たちはいつも様々な情報に取り囲まれて生活しています。現代のように多量の情報が流通するようになると、そのすべてに目を通して必要な情報を手に入れるのはとても大変です。そのような時に情報の整理を手伝ってくれる強い味方、それがコンピュータです。そのコンピュータによる情報化社会の発展を支えていく人たちこそ情報工学のエンジニアなのです。
    情報工学科では、発展する情報化社会に役立つ想像力豊かな技術者になるため、情報化社会の「脳や神経」に当たるコンピュータや情報通信ネットワークの仕組み、コンピュータを賢く動かすプログラミング、大量なデータを効率良く処理するデータベース技術、人工知能等の技術を基礎から応用まで勉強します。
  • 建築学科
    建築学科では、建築技術者として産業界で活躍できるように建築物に関する設計理論と構造計算、また高度な設計製図の実技指導やコンピュータによるデザイン設計(CAD)などの教育が行われています。卒業後は、大手建設業、設備工事業、設計事務所、ハウスメーカーおよび公務員など、産業界の各分野で優秀な技術者として活躍しています。
  • 専攻科
    本専攻科は、5年間の高等専門学校における教育の基礎の上に、より深く高度な専門知識及び技術を教授し、これまでに培われてきた実践的技術者としての素養に加え、高い課題設定・解決能力を備えた実践的・創造的技術者の育成を目的としています。

 

釧路工業高等専門学校

視覚障害を持った児童生徒が色を認識できる支援装置

色を知りたい物にセンサーを近づけると、音声で物の色を伝えるアプリ