北九州工業高等専門学校

「北九州高専について」

 

「学科・専攻科の構成と特色」

生産デザイン工学科

  • 機械創造システムコース
    機械創造システムコースでは、高度な生産システム(電気、情報、制御)に対応し、新たな技術を創造するための基礎学力(数学、自然科学、情報)と自己学習能力を持つ技術者の育成を目指しています。最近、自動車や家電などのものづくり産業において、その急速な技術の進歩は製造機械のみに留まらず、情報・制御機器にまで及び従来のものづくりの形態が大きく変わり、より多様化しています。設計に必要なイメージの具現化から加工・計測に至るまでをコンピュータで行うCAE(CAD,CAM)の技術も要求されています。そのため、機械工学をベースとした基礎知識の習得と制御、情報、化学分野にも幅広く対応出来る技術者の養成を行います。
  • 知能ロボットシステムコース
    知能ロボットシステムコースでは、機械に知能を与えることができる、すなわちロボットを作ることができる技術者の育成を目的に、機械工学を柱に、ロボット設計技術、組込み技術、センシング技術、インターフェース技術、知能化情報技術、システム制御技術、それらを繋ぐシステム統合化技術を論理的かつ実践的に修得できる教育課程を設置しています。人間が知能や感覚によって行ってきた複雑な作業を機械に行わせるためには、機械自身が、周囲の情報(環境や状態)を正確に把握し、その情報に基づいて論理的に思考し、その思考によって動作しなければなりません。さらに、このようなロボットを実現する技術は、身の回りの多くの製品に用いられるようになり、ロボットによる多様なサービスが創出される未来社会では、社会的課題の解決にも直結する技術です。したがって、ユーザーの視点や社会実装における課題に対して、ロボット技術を駆使して自ら解決策を提案・デザインできる優れた人材を育成します。
  • 電気電子コース
    電気電子コースでは、自ら学び続けることで、急速な技術の変化に対応でき、あらゆる分野・場所で活躍できる電気電子技術者の育成を目指します。3年生以上では、2年生までに学んだ工学基礎を土台として、電気電子工学(電気、電子、情報、機器)の専門的な知識・技術を学びます。卒業生が電気主任技術者として認定されるのに必要な科目・実験を十分実施しながらも、これからの地域・産業界のニーズに応えるため、エネルギーインフラ、ロボット・自動車産業にとって重要なパワーエレクトロニクス教育に重点を置いています。また、次世代自動車産業に貢献する人材育成のため、全コース対象のカーエレクトロニクス科目を新設します。自主性、独創性、課題解決能力を身に付けた電気電子技術者育成のために、プロジェクト実習、PBLを行う電気電子製図、電子回路製作実習を設定しました。5年生の卒業研究は、全コース共通にすることで、電気電子工学の知識・技術を他の工学分野の課題解決に活用するとともに、多様性のあるチームでの共同作業について学べるようにしています。
  • 情報システムコース
    情報システムコースでは、情報産業および情報技術を必要とする製造業において、高度情報化社会の技術変化に柔軟に対応できる理解力と創造力を持った実践的な技術者の育成を目指しています。コンピュータ応用分野において、コンピュータシステム、ネットワークシステム、情報通信システム、計測・制御システムなどICT(情報通信技術)を活用したシステムの計画、解析、設計、開発、構築、運用などを行うには、システムのソフトウェアとハードウェアの両方の技術を理解したうえで対応することが必要となります。そのため、本コースでは、これらのシステムにおけるソフトウェアとハードウェアの知識と技術が体系的に身につくように教育課程を構成しています。低学年では、電気電子工学、情報工学分野の専門基礎科目を学び、これらを土台として高学年では、情報工学分野とシステム制御工学分野のハードウェアとソフトウェアに関連する専門科目を体系的に学習します。また講義内容の理解を深め、実践的な応用力を育成するために、各学年で演習や実験実習を行います。
  • 物質化学コース
    物質化学コースでは、物質化学が関わる環境保全、クリーンエネルギー、高機能性素材、食品、医薬品、資源有効活用など多様な産業分野に対応するために、多様化・複雑化した問題に対処し得る工学知識や実践的技術を修得した実践的な技術者の育成を目指しています。応用化学系では、無機・有機ナノ材料の合成や物性評価、化学工学を学び、新素材開発や低炭素化技術への応用を修得します。具体的には、応用化学の専門知識を新しい物質・材料の開発に適用する方法が考えられる技術者、応用化学の専門知識を利用し、物質・材料の性質を的確に評価する方法が考えられる技術者の養成を行います。応用生物系では、生物(細胞や微生物を利用した)生産を学び、その検査への展開を修得します。具体的には、応用生物の基礎知識と技術を身に付けて、生物産業(食品、医薬品、環境技術)に貢献する能力を身に付けた技術者、応用生物に関するより専門的な技術を身に付けて、食品・医薬品・環境技術の生産や品質管理技術に関する専門的能力を身に付けた技術者の養成を行います。

専攻科
本専攻科は,5年間の高等専門学校における教育の基礎の上に,より深く高度な専門知識及び技術を教授し,これまでに培われてきた実践的技術者としての素養に加え,高い課題設定・解決能力を備えた実践的・創造的技術者の育成を目的としています。
 

北九州高等専門学校

らくらくIME 肢体不自由者向け文字入力アプリ

指先がわずかに動かせる程度の障害があっても、スマートフォンに文字を入力できるソフトウエア