代表あいさつ

 Kosen-ATの前身は、全国の14高専の教職員で組織された『全国KOSEN福祉情報教育ネットワーク』に端を発します。これは、各高専が保有する福祉支援分野の研究シーズと、地元機関との情報共有をはかりながら、医療福祉機関・特別支援学校・企業等と連携し、福祉情報教育の技術分野におけるイノベーションを行うことを目的にスタートしました。

 これまでに、ネットワークのメンバーを中心に、熊本、釧路、沖縄、仙台、長野で、技術連携のためのAT(アシスティブテクノロジー)フォーラムを開催してきました。このように全国組織の利を活かせる点が高専連携の強みです。さらに平成26年度より、国立長岡技術科学大学・国立豊橋技術科学大学・高専機構の三機関連携による、新しいイノベーションを起こす技術者人材育成を目的とした文科省国立大学改革強化促進事業がスタートしたことを機に、名称を『Japan-ATフォーラム』と改称し、技術連携の輪を広げています。

 近年、高齢化等に伴う福祉医療の充実は、我が国だけでなく世界規模の課題であり、AT機器開発に必要なAT技術者の育成が急務となっています。
機械・電気電子・情報・建築等の専門技術者を育成してきた高専・技科大ですが、AT機器の開発には、こうした従来型の専門性だけでなく、これらを融合・複合した新たな技術スキル(ATスキル)が必要であり、異分野の専門家が連携し、研究開発や評価を行うことが、使える機器の開発につながります。
何より、障害のある方や、教育・福祉・医療の現場で活動されている支援者のご意見を伺いながら、研究活動にフィードバックできるようなニーズ志向の社会実装を意識した技術者教育と研究開発が必要です。

 このようにKosen-ATでは、人材育成とAT機器の研究開発を推進する活動を、様々な方々と連携しながら行っていきたいと考えております。
本趣旨に興味を持ち、賛同していただける国家施設、地方自治体、企業様、教育関係者の皆様方のご支援とご協力をお待ちしております。

平成28年4月7日

熊本高等専門学校 人間情報システム工学科・教授 Kosen-AT 代表 (全国KOSEN支援機器開発ネットワーク) 清 田 公 保

理念・目的

 医療·福祉·工学の知識を融合した医療·福祉工学の新生を目指して、Kosen-ATでは、我が国における技術者 教育の中で、ATマインド※1を持ち、以下に掲げるようなAT-スーパー技術者※2の育成を目的とし、未来のAT産業を担う人材の輩出を行う。 《技術者像》

  1. 自身の専門領域を核としながら、
  2. ATに関する幅広い見識・教養があり、
  3. ユーザー(当事者目線)で、現場の観察・課題発見・臨床試験ができ、
  4. 課題解決のため、異分野の専門家と協働しながら、ものづくり(開発)ができる技術者。

 

  • ATマインド※1 障害のある人への支援を目的とし、当事者の視点に立ち、 その目的を達成するために必要な技術を身につけて貢献しようとする精神(心)
  • AT-スーパー技術者※2 (定義)「ATマインドをもったスーパー技術者」

組織体系

 組織体系(20160316)

高専とは

 昭和30年以来の日本の経済の高度成長と科学技術の著しい進歩に伴い、工業技術の高度化に対応する技術者の育成が要請されました。 高等専門学校は、こうした産業界の要請に応えて、昭和37年4月に制度化されました。 現在、全国で57校(国立51校、公立3校、私立3校)の高等専門学校が設置されています。  大学・短大という他の高等教育機関とは異なり、高等専門学校は中学校卒業で入学でき、修学年限は5年間です。 高等専門学校では、5年間の一貫教育により、一般科目と専門科目を効率的に学び、大学より2年早く卒業できることになります。  1学級40名という少人数教育の特色を生かし、充実した教育内容を提供しており、特に実験・実習を重視し、理論と実践を兼ね備えた技術者を養成しています。

ここまでの歩み

2010年 熊本高専内に全国KOSEN福祉情報教育ネットワークの前身となる 「ヒューマン情報技術研究部」が発足。
2010年 4月 熊本高専プロジェクトKUSAの根共同プロジェクト「室内用パーソナルモビリティ装置STAViを活用した学校教育環境ユニバーサル構想プロジェクト」発足~(2013年3月) (熊本高専)
2010年 11月20日 第1回福祉情報教育フォーラム in くまもと (主催:熊本高専 ヒューマン情報技術研究部)後援:熊本高専地域INVセンター
2011年 11月25日 第2回福祉情報教育フォーラム in くまもと (主催:熊本高専 ヒューマン情報技術研究部)後援:熊本高専地域INVセンター
2012年 9月22日 第3回福祉情報教育フォーラム in くしろ (主催:熊本高専 ヒューマン情報技術研究部)後援:熊本高専地域INVセンター
2012年 9月 フォーラムに参加された高専の先生方をメンバーとする 「全国KOSEN福祉情報教育ネットワーク」(主幹校:熊本高専 代表:清田公保)発足。
2013年 8月25日 第4回福祉情報教育フォーラム in おきなわ (主催:熊本高専 ヒューマン情報技術研究部)後援:熊本高専地域INVセンター
2013年 3月 第1回e-AT製作セミナー in 熊本 開催 (主催:熊本高専:ヒューマン情報技術研究部、全国KOSEN福祉情報教育ネットワーク)
2013年 4月~ 「三機関連携プロジェクトAT部門」発足 (事業終了:平成29年(2017)3月)
2013年 9月 『シーズ&ニーズ集 vol.1』刊行 (監修:全国KOSEN福祉情報教育ネットワーク 編集:熊本高専、仙台高専、沖縄高専)
2014年 4月~ 「文科省事業 (学びの教育効果を見える化するためのクラウド活用によるICT教育支援教材の開発)」採択 (主幹校:熊本高専 代表:清田公保)
2014年 8月23~24日 Japan ATフォーラム2014 in 仙台 (主催:熊本高専 ヒューマン情報技術研究部)後援:日本福祉工学会 ※旧)福祉情報教育フォーラムから改称。三機関連携AT部門との共催で実施。
2015年 2月 『シーズ&ニーズ集 vol.2』刊行 (監修:全国KOSEN福祉情報教育ネットワーク 編集:熊本高専)
2015年 2月 第2回e-ATパネル討論会&製作セミナー in 熊本 開催 (主催:熊本高専 ヒューマン情報技術研究部)
2015年 6月28日 福祉イベント「パピスポひろば」(長野)にて、アプリの展示と実地調査
2015年 7月29日 郡山養護学校(福島)にてアプリの実地調査
2015年 8月6日 北海道 星置養護学校 ほしみ高等学園(札幌)にてアプリの実地調査
2015年 8月7日 「第15回北海道の特別支援教育における情報教育研修会」(札幌)にて 「学習上の支援機器等教材研究開発事業」の講演・演習
2015年 9月7日 南山城支援学校(京都)にてアプリの実地調査
2015年 9月26~27日 Japan ATフォーラム2015 in 長野
2015年 10月24日 e-ATセミナー(石川)にて、支援学校の関係者とアプリの実地調査
2016年 1月30日 第3回e-ATセミナー in熊本 ワークショップ×デモ展示 × 製作会 開催
2016年 2月12日 障害者自立支援機器「シーズ・ニーズマッチング交流会 2015」に出展
2016年 3月20日 国立特別支援教育総合研究所主催「第2回特別支援教育における支援機器活用ネットワークに関する研究協議会」において、Kosen-ATアプリを出展
2016年 8月23日 第4回e-ATセミナー in特総研 ポスター・デモ展示 × 製作会 開催
2016年 9月10~11日 Japan ATフォーラム2016 in 明石
2016年10月28日 日本福祉工学会九州支部発足
2016年11月5日 第5回e-ATセミナー in北九州 ラッチ&タイマー製作会 開催
2016年11月24~26日 第18回 西日本国際福祉機器展にKosen-ATアプリ「らくらくIME」を出展
2017年 2月25日 第6回e-ATセミナー inとやま ラッチ&タイマー製作会 開催
2017年 3月26日 九州e-AT研究会3月例会にて、「平成28年度学習上の支援機器等教材研究開発事業」に係る事業成果を報告